性病にならないための気をつけたいポイント3つ

性病にならないために気をつけたい3つの事

セックスをするうえで気をつけておきたいことをご紹介します。誰でもいいからセックスしちゃえとしてしまう人もいますが誰とでもやるような相手が病気を持っているなんてこともあります。ですので性病にならないためにも気をつけるべきことをご紹介します。

コンドームをつける

基本の性病対策です。コンドームを使うといっても最初に生で挿入をして途中からコンドームをつけるというのは全く意味がありません。コンドームを使うときは最初から使うことが重要です。ですが最近ではフェラチオやクリニングスが一般的になっているため喉などにクラミジアや淋病が感染すると言うケースも増えてきているのでコンドームが100%性病を防げるかというとそうではありません。

不特定多数と性交渉をしない

多くの人とセックスをするとそれだけ性病のリスクが高まります。また自分1人だけではなく自分からほかの人に性病を伝染してしまう場合もありますので短期間に複数の相手とセックスするのは控えたほうが良いです。

体調が悪い時にセックスしない

体調が悪い時にセックスをすると普段よりも体の抵抗力が低下しています。こういった状態ですと普段であれば症状が発症しなかったのにそのときになって性病を発症してしまうということもあります。ですのでセックスがしたくても体調が悪い時はオナニーでもして我慢しましょう。

以上が性病にならないための気をつけたいポイントです。性病にかかってしまうと結構きついので気をつけましょう。病院で先生にアソコを見せるのは恥ずかしいものがありますからね(笑)

あなたの街のエロい女を探そう!

エロい女があなたを待っている!

今すぐエロい女を探すならこちらをタップ!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【セックスしたい】は一方通行の気持ちじゃ無理なんですけど

信じられない、媚薬を通販購入して女性に試してみた結果は!

【マジ?】セックスが男性にもたらす身体的効果と心的効果!

【閲覧注意】腹上死した有名人一覧はこれだ!

【女の秘密】ペニスのサイズはそれほど気にされてない!

セックスで得られる嬉しい効果